おすすめクレジットカード 人気ランキング

数あるクレジットカードの中から人気度を元にクレジットカードを総合的に比較した結果、栄えある上位に輝いたクレジットカードをランキングで紹介。

ランキングの傾向としては、年会費無料のクレジットカードが申込も多く、上位を占めています。また、年会費が無料なだけでなく、ポイントが貯まりやすい事も、必須条件となっているようです。 その他の傾向としては、JCB、三井住友VISA、アメックス、ダイナースといったクレジットカードを代表するプロパー系のスタンダードカードがランクインしています。 知名度や信頼性という点が評価されているようです。

ライフカード

1位 ライフカード
VISAMASTER CARD
人気ポイント 年会費 ETC専用カード 発行期間
誕生月は
ポイント3倍
無料 無料 最短7営業日
海外旅行保険 国内旅行保険 ショッピング保険 利用限度額
- - - 10-200万円

ライフカードは何と言ってもボーナスポイントでお得なことが有名です。
誕生月には貰えるポイントがなんと通常の3倍にもなります。 その他にも、入会後3ヶ月はポイント2倍だったり、利用金額に応じたボーナスポイント発生なんて事もあります。 貯まったポイントは、auやドコモのポイント、楽天ポイント、ANAマイレージに交換できたり、ギフト券に交換することができます。 年会費無料で通常の還元率も1%を超えるので、普段使いで実力を発揮します。

また、ANAマイレージへの交換率は、とても高いことで有名で、
1000円=1ポイント=2.5マイルです。(誕生月なら3倍の7.5マイル)
さらにマイルへの移行手数料も無料なので、マイルを無料で貯められるカードとしても非常に人気です。 ANA人気が沸騰する中でANAマイラーや旅行好きの方にとっては、必需品のカードでもあります。

また、ポイントが非常に貯まりやすいので、サブカードとして誕生月専用として持っておいても損はありません! EDYへのチャージでもポイントが貯まるので、ポイントの二重取りが可能な点も見逃せません。

実はライフカードは楽天ポイントへ交換でき、楽天ポイントはANAマイルへ無料で交換できるので、楽天カードとライフカードは非常に相性が良いのです。 貯まったライフポイントを楽天に交換して使ったり、ANAマイルへ交換したりできるので、楽天とライフを2枚持ちすることによって、 普段使いはライフカード、楽天市場で使う時は楽天カード、誕生月は全てライフカードと使い分ければ、ポイントが無駄にならず、年会費無料カードの最強組合せとなります!
実際の還元率はシュミレーションを参考にしてみて下さい! 

ライフカードのお申込み ライフカードの詳細を見る

JCB EIT

2位 JCB EIT
JCB
人気ポイント 年会費 ETC専用カード 発行期間
保険充実 無料 無料 約1週間
海外旅行保険 国内旅行保険 ショッピング保険 利用限度額
最大2000万円 - 100万円限度 個別設定

JCBから新たに発行されたカードがこのJCB EIT。 ”エイト”という呼び名の由来にもなっているJCB EITは、8つの特徴を持っています。 大きな特徴として、まず1つ目は年会費無料であること。
そして、2つ目はポイント2倍であることです。 通常JCBが発行するカードは1,000円の利用毎に1ポイントなのですが、EITは1,000円で2ポイント貯まります。 つまり、還元率は常時1%以上です!

オンラインモールに参加している「Yahoo!ショッピング、Amazon、楽天市場」の場合、通常はポイント2倍なのですが、JCB EITだと3倍還元率1.5%です! もちろん利用したお店でのポイント(Yahooポイント1%や楽天ポイント1%)も貰えるので、合計すると2.5%の還元率と、楽天カードの2%よりも高還元率となるのです! しかも、楽天の期間限定ポイントのような、すぐに期限切れしてしまう仕組みではありません!

さらに注目すべきは、貯めたポイントを楽天ポイントと等価で交換できるところです!! 還元率が2.5%と、楽天カードの2%以上なのに、さらに等価で交換できるので、本家の楽天カードを持つ意味が無くなってしまいます。

これだけでもお得ですが、付帯保険も充実しています。 海外旅行保険は自動付帯で最高2000万円ショッピング保険は年間100万円までの補償が付帯されています。 海外旅行保険を自動付帯していることを考えると、保険目的だけでも絶対に持ちたいカードと言えます。その理由はこちら

JCB EITのお申込み JCB EITの詳細を見る

JCB一般カード(ORIGINAL SERIES)

3位 JCB一般カード(ORIGINAL SERIES)
JCB
人気ポイント 年会費 ETC専用カード 発行期間
安心と信頼の
サムライブランド
1,250円+税
条件により無料
無料 最短3営業日
海外旅行保険 国内旅行保険 ショッピング保険 利用限度額
最大3000万円 最大3000万円 100万円限度 個別設定

日本が発行する国際ブランドの1つであるJCBの代表的なカードが、このプロパーであるJCB一般カードです。 国内No.1のシェアを誇るJCBが、2009年にORIGINAL SERIESとして刷新され、機能改善を果たしました。 その1つとして、年間50万円の利用で年会費無料になるというのは嬉しいです。

ポイントプログラムである「OkiDokiポイント」は、カード利用1000円につき1ポイント貯まり、交換できる賞品や他社ポイントへの移行先が充実しています。 さらに、海外利用はポイント2倍、年間利用額によるボーナスポイント、ORIGINALシリーズ限定のポイント優待店、オンラインモールと、更なる進化を遂げています。
マイレージ関連は、JAL、ANA、ノースウエスト、アリタリア航空と4社のマイルへ移行可能で手数料も無料です。

一度利用すればその利便性の高さが分かる「JCBプラザ」は、世界主要都市に設置されている旅行者向けのデスクで、旅先での様々な要望に応えてくれます。 ホテル・レストランの予約はもちろん、事故や紛失などのトラブル対応まで、しっかりと日本語でサポートしてくれます。 お勧めの現地ツアー情報も取り揃えているので、毎日気軽にJCBプラザへ寄っても良いくらい安心して利用できます。
また、ハワイではJCBカードを持っているとワイキキとアラモアナを巡回しているトローリーに無料で2名まで何度でも乗車できます。 ハワイに行かれる方であれば、それだけで大きなメリットになると思います。

また、毎日スターバックスでコーヒーを飲む方に絶対お勧めしたいのが、スタバでの利用はポイント5倍になります! スタバではプリペイドカードをクレジットで購入できるので、プリペイドにチャージして利用すれば還元率は驚きの2.5%となるわけです。

JCB一般カードのお申込み JCB一般カードの詳細を見る

JALカード(アメリカン・エキスプレス)

4位 JALカード(アメリカン・エキスプレス) AMEX 人気ポイント 年会費 ETC専用カード 発行期間
超高機能 ¥6,000~ 無料 約4週間
海外旅行保険 国内旅行保険 ショッピング保険 利用限度額
3000万円~ 3000万円~ 200万円~ 個別設定

遂にJALカードとアメリカン・エキスプレスが提携した夢のクレジットカードが誕生!
JALカードとしての機能は、他のJALカードと同じではありますが、アメックスブランドが選べる事が非常に大きな魅力なのです。 それは、アメックス独自の限定特典があるのはモチロンの事、他のカードにはない柔軟な決済に対応しているところだと思います。 特に毎月大きな額を利用される方は、アメックスがどのブランドよりも高額決済を許してくれるカードだと知っています。
そんなアメックスブランドでJALマイルを貯めようと思っても、今まではマイル移行プログラム(有料)に参加しなければならなかったですし、移行上限もありますので、色々と面倒で使いづらい部分があったかと思います。 それが、このカードの登場によって、いくらでもJALマイルを貯めることができるので、経営者や高額利用者には、本当に嬉しいカードなのです。

アメックスブランドで発行できるのは、普通カード、ゴールドカード、プラチナカードの3種類となります。 JALマイルを貯めるのであればJALカードショッピングマイル・プレミアム会員(会費3150円)が必須となりますので、普通カードの年会費(6300円)+ショッピングマイル(3150円)=9450円を選ぶのであれば、ショッピングマイルに無料で自動入会できるゴールドカードをお勧めいたします。 ショッピングマイルに入会すると100円で1マイルと高還元率でマイルが貯まります。 またJAL提携の特約店で利用すると100円で2マイルになります。 その他にも「毎年初回搭乗ボーナス2000マイル」や「搭乗すると区間マイル+25%のボーナス」など、嬉しい特典も満載です。

また、JALカードの中でも、アメックスブランドのみに付帯するサービスもあります。 まず、クレジットカード提携の空港ラウンジを利用することができます。しかも同伴者1名まで無料です! また、ゴールド、プラチナカードの場合、手荷物空港宅配サービスが利用できたり、JALグループでさらにマイルが貰えるアドオンマイルサービスがあります。 アドオンマイルの対象は、航空券・機内販売・ツアー・通信販売などで、ゴールドカードだと100円で3マイル(還元率3%)、プラチナカードだと100円で4マイル(還元率4%)貰えることになります。 ここまで還元率の高いカードはなかなかありません。JALを頻繁に利用される方には本当にオススメのカードです。

JALカード(アメリカン・エキスプレス)のお申込み JALカード(アメリカン・エキスプレス)の詳細を見る

アメリカン・エキスプレス・カード

5位 アメリカン・エキスプレス・カード
アメリカン・エキスプレス
人気ポイント 年会費 ETC専用カード 発行期間
ステイタス性 12,000円+税 525円/年 約2週間
海外旅行保険 国内旅行保険 ショッピング保険 利用限度額
5000万円 5000万円 500万円 個別設定

緑色の券面の通常カードが、他社のゴールドカードと同等のスペックを持つ、圧倒的な価値と上質なサービスを提供するAMEX。 究極のステイタスカードと言っても過言ではありません。 サービス面は、非常に素晴らしく充実したカードです。

T&Eカードとも呼ばれる、トラベル&エンターテイメントに強いアメリカン・エキスプレスは、 国内の空港ラウンジはもちろんの事、国内外600カ所以上の空港ラウンジを利用できる「プライオリティ・パス」にも無料で登録ができます(通常99ドル)。 さらに、非常に人気の高く便利なサービスが、手荷物無料宅配サービスです。 海外旅行時に空港から自宅まで、重いスーツケースを引きずって歩くのは大変だと思います。 ですがアメックス会員であれば、往復で空港~自宅間を無料で配送してくれるのです。

また、ゴールドカードとしての付帯保険も充実しており、海外・国内旅行保険はもちろんの事、ショッピング保険も年間500万円までと充実。 さらにカードで購入された商品の返品を、万一購入店が受け付けない場合でも、アメリカン・エキスプレスに返却することにより、購入金額の全額を払い戻しするリターン・プロテクションも装備。

ポイントプログラムに関しては、100円毎に1ポイント貯まるので、無駄なくポイントが付きます。 交換できる商品の幅も広く、11社の航空会社のマイレージ、3社のホテルグループのマイルや、有名ブランドの商品やショップでの買い物券、食事券、全国百貨店共通商品券などと多岐にわたります。 さらにポイントの有効期限を無期限にすることもできます。

持つことに喜びのある王道のカードであり、一生付き合っていく事のできるカードがアメリカン・エキスプレスだと思います。

アメリカン・エキスプレス・カードのお申込み アメリカン・エキスプレス・カードの詳細を見る

三井住友VISAクラシックカードA

6位 三井住友VISAクラシックカードA
VISA
人気ポイント 年会費 ETC専用カード 発行期間
安心と信頼の
ブランド力
1,500円+税
条件により無料
無料 約1週間
海外旅行保険 国内旅行保険 ショッピング保険 利用限度額
2000万円 2000万円 100万円 10-80万円

日本でVISAカードの自社発行権を持っている、説明の必要がない程メジャーなカードが、三井住友VISAカードです。 堅実・安心感・ステイタスといった言葉が当てはまるカードの代表例だと思います。 銀行系カードという事もあり、国内での発行枚数はトップクラスです。

年会費の割引 or 無料化に関しては、3つの条件があります。 一番簡単な条件は、カードご利用代金WEB明細書サービスの利用です。こちらに登録すると翌年度年会費が500円割引となります。
クラシックカードは1,250円+税が750円+税に。クラシックカードAは1,500円+税が1,000円+税になります。
次の条件は、マイ・ペイすリボへの登録+利用で、こちらの条件は年会費が無料となります。 3つ目の条件は、前年度の利用額に応じて翌年度年会費が無料か半額となります。 こちらはハードルが高く、100万円以上の利用で半額、300万円以上で無料となります。

三井住友カードは、利用実績に応じてプラチナカードへの招待があります。 何はともあれ世界で一番加盟店が多く、利用場所に困らないVISAカードなので、お財布に一枚いかがでしょうか。

三井住友VISAクラシックカードAのお申込み 三井住友VISAクラシックカードAの詳細を見る

VIASO(ビアソ)カード

7位 VIASO(ビアソ)カード
VISA
人気ポイント 年会費 ETC専用カード 発行期間
高還元率 無料 無料 約1週間
海外旅行保険 国内旅行保険 ショッピング保険 利用限度額
2000万円 - 100万円
楽Pay登録時
10-100万円

三菱UFJニコスが発行する年会費無料の人気カード! 過去に爆発的な人気を誇りネット上で誰もがオススメしていたVIASOカードが、復活しました。
特徴は、ETC、携帯電話、プロバイダーの支払いはポイント2倍になるところです。 それだけでは、そこらの還元率の高いクレジットカードと大差無いのですが、このカードが本領を発揮するのはネットショッピングを利用する時なんです! 今や多くのカード会社が提供するオンラインモールサービスですが、このVIASOの場合、他社のオンラインモールよりも断然貰えるポイント倍率が高いのです。 あまり声を大にして言えないのですが、多くのオンラインモールは加盟店からのマージンを何%か抜いているのですが、このVIASO eショップは、マージンゼロで全てをユーザーに還元しちゃっています。 だから、他社のオンラインモールと比べると断然還元率が良いのです。

VIASO eショップに加盟しているネットショップは様々で、代表的な所では楽天市場やYahoo!ショッピングも参加しております。 オンラインモールに参加している「楽天市場、Yahoo!ショッピング」の場合、 ショップで利用した際に貰えるポイントも含めると、楽天は2.5%、Yahooは3.5%の還元率となります! この還元率は楽天カードの2%よりも高還元率となっちゃってるのです! 他の加盟店でも同様に素晴らしい還元率となるので、ネットショッピング専用のクレジットカードとして持ちたい、超お得なカードなんです。

また、利用付帯ではありますが海外旅行保険も付帯しております。 リボ払いの場合にはショッピング保険も付帯します。 保険関連は良スペックというわけではありませんが、年会費無料カードにしては基本は抑えていると評価できます。

大ブレイクしたカードの復活という事もあり、ぜひご検討頂きたいカードだと思います。

VIASO(ビアソ)カードのお申込み VIASO(ビアソ)カードの詳細を見る

MUFGカード ゴールド

8位 MUFGカード ゴールド
VISAMASTER CARD
人気ポイント 年会費 ETC専用カード 発行期間
低価格で
ゴールドカード
2,000円
(初年度無料)
無料 最短翌営業日
海外旅行保険 国内旅行保険 ショッピング保険 利用限度額
2000万円 2000万円 100万円 10-200万円

信頼の三菱UFJニコスが発行する準ゴールドカード。 この準ゴールドというカテゴリを確立した先駆者的な位置づけでもあり、2,000円から持てるゴールドカードということで、TVCMを見たことある方も多いと思います。
海外・国内旅行保険ショッピング保険を付帯するなど、基本機能はしっかりと押さえてます。 旅行中の航空便もしくは航空便に預けた手荷物の遅延などにより、負担したホテル代等客室料金や衣料品などの費用を補償する、国内渡航便遅延保険を付帯しているのは珍しいです。

ポイントプログラムは、還元率でいうと0.5%とクレジットカードの平均的な数値ですが、指定月は1.5倍、年間カード利用額によって50%アップなど、使い方によって貰えるポイントが多くなります。
最近流行りのオンラインモール「POINT名人.com」では、ポイント最大25倍と貯めやすくなっています。

MUFGカード ゴールドのお申込み MUFGカード ゴールドの詳細を見る

楽天カード

9位 楽天カード
VISAMASTER CARDJCB
人気ポイント 年会費 ETC専用カード 発行期間
ポイントが
超お得
無料 525円/年 約1週間
海外旅行保険 国内旅行保険 ショッピング保険 利用限度額
2000万円 - - 個別設定

とにかく楽天市場を使う可能性があるなら必ず持ちたい1枚!!
理由は簡単。楽天市場で超お得だからです! メインカードとして使ってもお得ですが、他のカードと併せて使い分けてもお得なので「絶対必需品」と言っても過言ではありません。
このカードの特徴ですが、カード利用100円ごとに1ポイント(還元率1%)貯まります。
楽天市場での買い物だとポイント2倍とありますが、これは通常の楽天での買い物分として貰えるポイントの事ですので、実際にクレジットカードの還元率が2倍になるわけではないので、ご注意下さい。
貯まったポイントは楽天市場にて1ポイント1円で利用可能。
ANAマイレージ(1,000円=10ポイント=5マイル)や提携他社のポイントへ移行することも可能ます。 マイレージへの移行手数料が無料なので、無料でマイルが貯められるのも人気の理由の1つです。

もちろん、その他にも楽天市場では楽天カード利用者限定ポイント3倍キャンペーン(毎週金曜、土曜)や、街の加盟店での利用でポイント3倍特典があります。 さらに、ポン!カン!キャンペーン(ポイント最大4倍)やポイント10倍キャンペーン、楽天イーグルスやヴィッセル神戸が勝つとポイント2倍~3倍など、様々なキャンペーンが目白押し! 楽天ユーザーに必須なのがお分かり頂けたと思います。年会費が無料なのに海外旅行傷害保障が最高2,000万円も付帯しているのも高機能カードといえます。

ポイントの有効期限も実質無期限の仕様でムダがなく、少ないポイントでも楽天市場で手軽に使えたり、多くの提携先にポイント交換できたりと、非常に汎用性もある事から、大人気のカードです。 特にお得なカードを持ちたいという方、楽天カードを選んでおけば失敗することはありません! もちろん楽天市場専用のサブカードとして持っても損はしません!

さらに言えば、楽天市場の買い物だけではなく、TOTO(楽天toto)投資信託(楽天証券)をクレジットカードで購入できるのも楽天カードだけです!

楽天カードのお申込み 楽天カードの詳細を見る

NTTグループカード

10位 NTTグループカード
VISAMASTER CARD
人気ポイント 年会費 ETC専用カード 発行期間
実用性 無料 525円/年 約1週間
海外旅行保険 国内旅行保険 ショッピング保険 利用限度額
- - 条件付き保険 個別設定

NTTファイナンスが発行する、NTTグループカードがランクイン。
このカード、一見あまり条件が良くないように見えますが、ハマる人にはかなりお得になるカードなんです。 どういう事かというと、NTTグループの固定電話、携帯電話、OCN料金がキャッシュバックされます!!

月間カード利用金額キャッシュバック率月間カード利用金額キャッシュバック率
2万円未満0%2~4万円未満1.5%
4~6万円未満3%6万円~8万円未満4.5%
8~10万円未満6%10~20万円未満8%
20~30万円未満18%30~40万円未満28%
40~50万円未満38%50~60万円未満50%
60万円以上60%

キャッシュバック率は、毎月のカード利用額に応じて決定されます。

また、全国の出光サービスステーションで、ガソリン代が最大40円/L、軽油が20円/Lがお得になる出光キャッシュバックシステムもあります。
電話代やガソリンが安くなるというカードは結構あるのですが、1枚で2役というダブル機能を持ったカードは中々ありません。 固定電話・携帯電話がNTT系、ガソリンが出光という方にとっては、非常にありがたいカードなんです。しかも割引率は数あるカード中でも上位に入るのも凄いです。

また、このカードはYahoo!ファイナンスクレジットカード部門で、4年連続No.1を取得しているんです。かなり人気が高く、利用者数も多い事が分かります。

このカード、万人にお得ではない所が残念ではありますが、ダブル機能がハマる方にとっては非常に良いカードである事は間違いないので、ライフスタイル全体を考慮した上でご判断頂ければと思います。 メインではなくサブカードとしてもお勧めいたします。

NTTグループカードのお申込み NTTグループカードの詳細を見る

関連コンテンツ

最強のクレジットカードをシミュレーション
最強のポイントカードをシミュレーション   最強のガソリンカードをシミュレーション

△ページ上部へ戻る