国際ブランドのプロパーカード 人気ランキング

プロパーカードとは、自社で発行している、提携カードではないクレジットカードです。 ここでは、プロパーカードの中でも、さらに5大国際ブランドのクレジットカードを人気ランキングで紹介。

プロパーカードを持つ理由というのは人それぞれですが、一般的には「ブランドや安心感」と言われていますが、その他のメリットもご紹介したいと思います。
上位クラスのカード
まず一番の大きな理由は、プラチナカードやブラックカードといった、ゴールドカードよりもランクの高い上位カードが設定されている事です。 利用実績を積んでいくことで、一般 → ヤングゴールド → ゴールド → プラチナ → ブラックという風に、ランクアップしていく楽しみがあります。 また、クレジットカードに付帯するサービスが全く違いので、クレジットカード1枚で少々人とは違う体験ができます。
競合他店
例えば、ANAカードをJAL系の日航ホテルで利用するとか、出光カードをENEOSで使うといった、提携カードの競合となる店舗で使いづらいという事で、プロパーを1枚持っておく方も多いです。 気にされない方もいますが、スマートに会計を済ませたいのであればプロパーを1枚持っておいても良いと思います。
安定感・ステイタス性
サービスやポイント還元率が大きく変わってしまうような事がありませんので、長くずっと使い続ける事ができます。 また、イメージを気にされて提携カードが嫌という人も意外と多いのです。デザインなんかの好みもよく話題にのぼります。
発行スピード
提携カードとは違い、クレジットカード会社が発行するカードなので、申込から発券までのスピードが早いのが特徴的です。

アメリカン・エキスプレス・カード

1位 アメリカン・エキスプレス・カード
アメリカン・エキスプレス
人気ポイント 年会費 ETC専用カード 発行期間
ステイタス性 12,960円(税込) 500円+税/年 約2週間
海外旅行保険 国内旅行保険 ショッピング保険 利用限度額
5000万円 5000万円 500万円 個別設定

緑色の券面の通常カードが、他社のゴールドカードと同等のスペックを持つ、圧倒的な価値と上質なサービスを提供するAMEX。 究極のステイタスカードと言っても過言ではありません。サービス面は、非常に素晴らしく充実したカードです。

アメックスはゴールドカードだけでなく、プラチナやブラックカードを発行している事でも有名ですが、デザインの良さとシンプルな所から敢えてグリーンを持ち続けるという「こだわり」を持っている人もいます。

アメリカン・エキスプレスは持つことに喜びのあるプロパーカードの王道と言えるかもしれません。
一生付き合っていく事のできるプロパーカードがアメリカン・エキスプレスだと思います。

アメリカン・エキスプレス・カードのお申込み アメリカン・エキスプレス・カードの詳細を見る

ダイナースクラブカード

2位 ダイナースクラブカード
DINERS
人気ポイント 年会費 ETC専用カード 発行期間
ステイタスと
機能性
15,000円+税 500円+税/年 -
海外旅行保険 国内旅行保険 ショッピング保険 利用限度額
最高1億円 最高1億円 年間最高500万円 一律の制限無し

信頼のシティバンク銀行グループ、世界最大のカード発行枚数を誇るシティカードジャパンが発行するダイナースクラブカード。 ステータスカードとしても有名で、トップクラスのサービスを受けられるカードでもあります。
アメリカン・エキスプレスと同様にエグゼクティブに人気のカードで、取得審査は厳しいものの、持っていると一見さんお断りの料亭に入れたり、ホテル宿泊が割引になったりと多くのメリットもあります。
信頼のカードとして、長期保有していく方におすすめです。

本格的なステイタス志向のカードなので、ランキングは低めですが、医者や弁護士といった一部の人達から絶大なら支持を受けている本物のカードです。

ダイナースクラブのお申込み ダイナースクラブの詳細を見る

JCB一般カード(ORIGINAL SERIES)

3位 JCB一般カード(ORIGINAL SERIES)
JCB
人気ポイント 年会費 ETC専用カード 発行期間
安心と信頼の
サムライブランド
1,250円+税
条件により無料
無料 最短3営業日
海外旅行保険 国内旅行保険 ショッピング保険 利用限度額
最大3000万円 最大3000万円 100万円限度 個別設定

日本が発行する国際ブランドの1つであるJCBの代表的なカードが、このプロパーであるJCB一般カードです。 国内No.1のシェアを誇るJCBが、2009年にORIGINAL SERIESとして刷新され、機能改善を果たしました。 その1つとして、年間50万円の利用で年会費無料になるというのは嬉しいです。

ポイントプログラムである「OkiDokiポイント」は、カード利用1000円につき1ポイント貯まり、交換できる賞品や他社ポイントへの移行先が充実しています。 さらに、海外利用はポイント2倍、年間利用額によるボーナスポイント、ORIGINALシリーズ限定のポイント優待店、オンラインモールと、更なる進化を遂げています。
マイレージ関連は、JAL、ANA、ノースウエスト、アリタリア航空と4社のマイルへ移行可能で手数料も無料です。

一度利用すればその利便性の高さが分かる「JCBプラザ」は、世界主要都市に設置されている旅行者向けのデスクで、旅先での様々な要望に応えてくれます。 ホテル・レストランの予約はもちろん、事故や紛失などのトラブル対応まで、しっかりと日本語でサポートしてくれます。 お勧めの現地ツアー情報も取り揃えているので、毎日気軽にJCBプラザへ寄っても良いくらい安心して利用できます。
また、ハワイではJCBカードを持っているとワイキキとアラモアナを巡回しているトローリーに無料で2名まで何度でも乗車できます。 ハワイに行かれる方であれば、それだけで大きなメリットになると思います。

また、毎日スターバックスでコーヒーを飲む方に絶対お勧めしたいのが、スタバでの利用はポイント5倍になります! スタバではプリペイドカードをクレジットで購入できるので、プリペイドにチャージして利用すれば還元率は驚きの2.5%となるわけです。

JCB一般カードのお申込み JCB一般カードの詳細を見る

三井住友VISAクラシックカードA

4位 三井住友VISAクラシックカードA
VISA
人気ポイント 年会費 ETC専用カード 発行期間
安心と信頼の
ブランド力
1,500円+税
条件により無料
無料 約1週間
海外旅行保険 国内旅行保険 ショッピング保険 利用限度額
2000万円 2000万円 100万円 10-80万円

日本でVISAカードの自社発行権を持っている、説明の必要がない程メジャーなカードが、三井住友VISAカードです。
堅実・安心感・ステイタスといった言葉が当てはまるカードの代表例だと思います。 銀行系カードという事もあり、国内での発行枚数はトップクラスです。

利用実績に応じてプラチナカードへの招待もあります。 何はともあれ世界で一番加盟店が多く、利用場所に困らないVISAカードなので、お財布に一枚いかがでしょうか。

三井住友VISAクラシックカードAのお申込み 三井住友VISAクラシックカードAの詳細を見る

△ページ上部へ戻る