ポイント還元率が高いクレジットカード 人気ランキング

このページではポイント還元率が高いクレジットカードを比較した結果、上位に輝いたカードをランキングで紹介しています。 ポイントといえば、クレジットカードの醍醐味でもありますので、カード選びの際は、よくチェックすべき項目の1つと言われます。 特にポイント還元率を重視して選ぶ際には、次の2点にも注意してみて下さい。

1点目は、当たり前ですが、ポイントが貯まりやすいこと。 基本的な還元率が高いことも重要ですが、普段よく利用する店舗でボーナスポイントが貰えたり、設定された条件を満たすとポイントが○倍になったりする特典は見逃せません。 人によっては、通常還元率は低くても、ボーナスポイントで最終的に多く貯まるケースも出てきます。

2点目は、いかに貯めたポイントが活用しやすいかです。 ポイントを貯めるだけ貯めても、使い勝手が悪かったり、すぐに利用できない仕組みの場合は、考えものです。

以上の要素を満たしているクレジットカードは、やはり人気が高く、総合ランキングにも大きな影響を与えています。 ただ、クレジットカードは、カードによってポイントの仕組みが異なるので、あれやこれやと考えるのは難しいものです。 色々と試算するのが面倒だったり、自信の無い方は、通常時の還元率が高いものを選んでおけば、間違いありませんので、参考にしてみて下さいませ。

ライフカード

1位 ライフカード
VISAMASTER CARD
還元率 年会費 ETC専用カード 発行期間
誕生月は
2%以上
無料 無料 最短7営業日
海外旅行保険 国内旅行保険 ショッピング保険 利用限度額
- - - 10-200万円

ライフカードは何と言ってもボーナスポイントでお得なことが有名です。
誕生月には貰えるポイントがなんと通常の3倍にもなります。 その他にも、入会後3ヶ月はポイント2倍だったり、利用金額に応じたボーナスポイント発生なんて事もあります。 貯まったポイントは、auやドコモのポイント、楽天ポイント、ANAマイレージに交換できたり、ギフト券に交換することができます。 年会費無料で通常の還元率も1%を超えるので、普段使いで実力を発揮します。

また、ANAマイレージへの交換率は、とても高いことで有名で、
1000円=1ポイント=2.5マイルです。(誕生月なら3倍の7.5マイル)
さらにマイルへの移行手数料も無料なので、マイルを無料で貯められるカードとしても非常に人気です。 ANA人気が沸騰する中でANAマイラーや旅行好きの方にとっては、必需品のカードでもあります。

また、ポイントが非常に貯まりやすいので、サブカードとして誕生月専用として持っておいても損はありません! EDYへのチャージでもポイントが貯まるので、ポイントの二重取りが可能な点も見逃せません。

実はライフカードは楽天ポイントへ交換でき、楽天ポイントはANAマイルへ無料で交換できるので、楽天カードとライフカードは非常に相性が良いのです。 貯まったライフポイントを楽天に交換して使ったり、ANAマイルへ交換したりできるので、楽天とライフを2枚持ちすることによって、 普段使いはライフカード、楽天市場で使う時は楽天カード、誕生月は全てライフカードと使い分ければ、ポイントが無駄にならず、年会費無料カードの最強組合せとなります!
実際の還元率はシュミレーションを参考にしてみて下さい! 

ライフカードのお申込み ライフカードの詳細を見る

JCB EIT

2位 JCB EIT
JCB
還元率 年会費 ETC専用カード 発行期間
1~1.1%+α
OkiDokiランド
最大21倍
無料 無料 約1週間
海外旅行保険 国内旅行保険 ショッピング保険 利用限度額
最大2000万円 - 100万円限度 個別設定

JCBから新たに発行されたカードがこのJCB EIT。 ”エイト”という呼び名の由来にもなっているJCB EITは、8つの特徴を持っています。 大きな特徴として、まず1つ目は年会費無料であること。
そして、2つ目はポイント2倍であることです。 通常JCBが発行するカードは1,000円の利用毎に1ポイントなのですが、EITは1,000円で2ポイント貯まります。 つまり、還元率は常時1%以上です!

オンラインモールに参加している「Yahoo!ショッピング、Amazon、楽天市場」の場合、通常はポイント2倍なのですが、JCB EITだと3倍還元率1.5%です! もちろん利用したお店でのポイント(Yahooポイント1%や楽天ポイント1%)も貰えるので、合計すると2.5%の還元率と、楽天カードの2%よりも高還元率となるのです! しかも、楽天の期間限定ポイントのような、すぐに期限切れしてしまう仕組みではありません!

さらに注目すべきは、貯めたポイントを楽天ポイントと等価で交換できるところです!! 還元率が2.5%と、楽天カードの2%以上なのに、さらに等価で交換できるので、本家の楽天カードを持つ意味が無くなってしまいます。

これだけでもお得ですが、付帯保険も充実しています。 海外旅行保険は自動付帯で最高2000万円ショッピング保険は年間100万円までの補償が付帯されています。 海外旅行保険を自動付帯していることを考えると、保険目的だけでも絶対に持ちたいカードと言えます。その理由はこちら

JCB EITのお申込み JCB EITの詳細を見る

ANAアメリカン・エキスプレス・カード

3位 ANAアメリカン・エキスプレス
アメリカン・エキスプレス
還元率 年会費 ETC専用カード 発行期間
1%~2% 5,000円+税 500円+税/年 約2週間
海外旅行保険 国内旅行保険 ショッピング保険 利用限度額
3000万円 2000万円 20万円 個別設定

アメリカン・エキスプレスとANAが提携し誕生した、夢のマイレージカードがANAアメリカン・エキスプレス・カード。 ステータスカードとしても有名なアメックスのサービスはトップクラスで、日常生活から旅行、緊急時のサポートに対応してくれます。

ANAマイレージへの移行ですが100円=1ポイント=1マイル(100円=1マイル換算)と高還元率です。 ANA、高島屋、西武百貨店、松坂屋、紳士服コナカ、新日本石油、出光など
ショッピングα加盟店での利用だと100円=2マイル換算になります。
マイルへの移行には年会費5,250円の移行コースに参加しなくてはなりませんが、ポイントとして貯める分には参加の必要がないので、マイルへ移行する時だけ参加すれば、参加費の5,250円を節約できます。 しかも移行コースに参加するとポイントの有効期限が無期限になります!

その他にも「基本区間マイレージ+10%の搭乗ボーナス」、「カード年更新で1000マイルボーナス」等の特典もあります。 付帯保険やANAアメリカン・エキスプレス・カードのサービスを利用できることを考えると、年会費以上の価値がある最高のカードだと言えます。
また、旅に強いアメリカン・エキスプレスならではの機能として、空港ラウンジが利用できます。カードの年会費5,250円で空港ラウンジが利用できること事態、他のカードではありえないのですが、アメックスの特徴でもある「同伴者も利用可」という機能もちゃんと付いてきます。
ほとんどのカードは、会員本人だけしかラウンジが利用できないので、同伴者がいる場合、利用を諦めてしまう事も多いので、この機能は非常に貴重です。

ポイントをマイレージとして交換するのであれば、今人気上昇中のANAマイルが一番貯まるといっても過言ではない、このANAアメックスがお勧めです。 また、マイルの価値を1マイル=2円として考えるのであれば、還元率は2%~4%!

ANAアメリカン・エキスプレス・カードのお申込み ANAアメリカン・エキスプレス・カードの詳細を見る

VIASO(ビアソ)カード

4位 VIASO(ビアソ)カード
VISA
還元率 年会費 ETC専用カード 発行期間
0.5~
VIASO eショップ
最大20倍
無料 無料 約1週間
海外旅行保険 国内旅行保険 ショッピング保険 利用限度額
2000万円 - 100万円
楽Pay登録時
10-100万円

三菱UFJニコスが発行する年会費無料の人気カード! 過去に爆発的な人気を誇りネット上で誰もがオススメしていたVIASOカードが、復活しました。
特徴は、ETC、携帯電話、プロバイダーの支払いはポイント2倍になるところです。 それだけでは、そこらの還元率の高いクレジットカードと大差無いのですが、このカードが本領を発揮するのはネットショッピングを利用する時なんです! 今や多くのカード会社が提供するオンラインモールサービスですが、このVIASOの場合、他社のオンラインモールよりも断然貰えるポイント倍率が高いのです。 あまり声を大にして言えないのですが、多くのオンラインモールは加盟店からのマージンを何%か抜いているのですが、このVIASO eショップは、マージンゼロで全てをユーザーに還元しちゃっています。 だから、他社のオンラインモールと比べると断然還元率が良いのです。

VIASO eショップに加盟しているネットショップは様々で、代表的な所では楽天市場やYahoo!ショッピングも参加しております。 オンラインモールに参加している「楽天市場、Yahoo!ショッピング」の場合、 ショップで利用した際に貰えるポイントも含めると、楽天は2.5%、Yahooは3.5%の還元率となります! この還元率は楽天カードの2%よりも高還元率となっちゃってるのです! 他の加盟店でも同様に素晴らしい還元率となるので、ネットショッピング専用のクレジットカードとして持ちたい、超お得なカードなんです。

また、利用付帯ではありますが海外旅行保険も付帯しております。 リボ払いの場合にはショッピング保険も付帯します。 保険関連は良スペックというわけではありませんが、年会費無料カードにしては基本は抑えていると評価できます。

大ブレイクしたカードの復活という事もあり、ぜひご検討頂きたいカードだと思います。

VIASO(ビアソ)カードのお申込み VIASO(ビアソ)カードの詳細を見る

DCカード Jizile

5位 DCカード Jizile
VISAMasterCard
還元率 年会費 ETC専用カード 発行期間
常時1.5% 無料 無料 約1周間
海外旅行保険 国内旅行保険 ショッピング保険 利用限度額
1000万円 - 100万円 10-100万円

MUFGが発行するリボ払い専用カードがこのDCカード Jizileです。 MUFGカードの通常の還元率は0.5%と一般的な数字なのですが、Jizileは常にポイント3倍なので還元率1.5%と高還元です。 また、年会費無料でありながら、海外旅行保険も自動付帯しています。

大きな特徴はありませんが、ポイント還元率が高くて、年会費無料で、海外旅行保険+ショッピング保険を付帯しているので、選択肢の1つに入ってくるカードです。 また、リボ払い専用カードというジャンルで競合してくるのは、JCB EITカード、P-one FLEXYの2枚です。 合わせて持つのも面白いですし、3枚の中から1枚を選ぶのも手です。

DCカード Jizileのお申込み DCカード Jizileの詳細を見る

ファミマTカード

6位 ファミマTカード
JCB
還元率 年会費 ETC専用カード 発行期間
最大2.5%+α 無料 無料 最短7営業日
海外旅行保険 国内旅行保険 ショッピング保険 利用限度額
- - - 個別設定

ファミマTカードはその名の通り、コンビニのファミマで最強にお得なカードです。 通常の還元率は0.5%と一般的な数字なのですが、これがTポイント提携店となると一気に還元率1.5%と跳ね上がります。 その理由は簡単、Tポイントカードを提示するだけで、クレジット利用とは別に100円毎に1ポイントが貰えるからです。
さらにファミマでの利用の場合、火曜と土曜日はポイント2倍(カード提示すると100円毎に2ポイント)なので、還元率2.5%となるわけなのです。

このカード、凄いのはこれだけじゃないのです! 実はポイント3重取りの裏技が利用できます! 方法は簡単でカード提示+電子マネーEdyでの決済を組み合わせるだけです。 こうする事で、火曜・土曜はカード提示の2%に加え、Edy利用での還元率+0.5%と、Edyチャージでの還元率+α(チャージするカードによって異なる)で、 最大2.5%+α(3%以上)の最強還元率となるわけです。
詳細はこちらポイント3重取りの技を参考下さい

また、ファミマTカードは、コンビニで公共料金を支払う際にも利用できるので、人によっては有難い機能となります!

ファミマTカードのお申込み ファミマTカードの詳細を見る

P-one FLEXY

7位 P-one FLEXY
MASTER CARD
還元率 年会費 ETC専用カード 発行期間
最大1.7% 無料 無料 最短7営業日
海外旅行保険 国内旅行保険 ショッピング保険 利用限度額
- - 50万円 10-100万円

口コミで広がり大人気のP-oneカードのリボ専用がFLEXYになります。 カードを利用した場合、なんと!
いつ・どこで使おうが請求時に自動的に1%割引されるんです!!
普段のショッピングだけに限らず、ガソリン、携帯電話料金や電気・ガスなどの公共料金だってもちろん1%割引です。 カードを使うだけで請求時に自動的に割引される使い勝手の良さが人気の理由というわけです。

もう1点、人気の理由があります。
それは、1%OFFだけでなく、カード利用でポイントもしっかりと貯まるので、ダブルでお得なんです。 ポイントは1000円につき2ポイント貯まるので、ポイント付与率は同社が発行するP-oneカードの2倍となります。 カード全体の還元率も1.6~1.7%と非常に高還元ですが、リボ払い専用なので注意が必要です。

貯まったポイントは、Yahoo!ポイント、ドコモポイントなど他社のポイントや、ギフト券などの賞品に交換したり、JALマイレージへと移行できます。
リボ払いをメインに考えていてお得なカードといえば「FLEXY」がおすすめです!

年会費735円を払えば24時間365日対応のロードサービスも追加できます。
これだけでJAFの入会金2,000円、年会費4,000円が節約できてしまいます。

P-one FLEXYのお申込み P-one FLEXYの詳細を見る

楽天カード

8位 楽天カード
VISAMASTER CARDJCB
還元率 年会費 ETC専用カード 発行期間
通常1%
楽天2%~10%
無料 525円/年 約1週間
海外旅行保険 国内旅行保険 ショッピング保険 利用限度額
2000万円 - - 個別設定

とにかく楽天市場を使う可能性があるなら必ず持ちたい1枚!!
理由は簡単。楽天市場で超お得だからです! メインカードとして使ってもお得ですが、他のカードと併せて使い分けてもお得なので「絶対必需品」と言っても過言ではありません。
このカードの特徴ですが、カード利用100円ごとに1ポイント(還元率1%)貯まります。
楽天市場での買い物だとポイント2倍とありますが、これは通常の楽天での買い物分として貰えるポイントの事ですので、実際にクレジットカードの還元率が2倍になるわけではないので、ご注意下さい。
貯まったポイントは楽天市場にて1ポイント1円で利用可能。
ANAマイレージ(1,000円=10ポイント=5マイル)や提携他社のポイントへ移行することも可能ます。 マイレージへの移行手数料が無料なので、無料でマイルが貯められるのも人気の理由の1つです。

もちろん、その他にも楽天市場では楽天カード利用者限定ポイント3倍キャンペーン(毎週金曜、土曜)や、街の加盟店での利用でポイント3倍特典があります。 さらに、ポン!カン!キャンペーン(ポイント最大4倍)やポイント10倍キャンペーン、楽天イーグルスやヴィッセル神戸が勝つとポイント2倍~3倍など、様々なキャンペーンが目白押し! 楽天ユーザーに必須なのがお分かり頂けたと思います。年会費が無料なのに海外旅行傷害保障が最高2,000万円も付帯しているのも高機能カードといえます。

ポイントの有効期限も実質無期限の仕様でムダがなく、少ないポイントでも楽天市場で手軽に使えたり、多くの提携先にポイント交換できたりと、非常に汎用性もある事から、大人気のカードです。 特にお得なカードを持ちたいという方、楽天カードを選んでおけば失敗することはありません! もちろん楽天市場専用のサブカードとして持っても損はしません!

さらに言えば、楽天市場の買い物だけではなく、TOTO(楽天toto)投資信託(楽天証券)をクレジットカードで購入できるのも楽天カードだけです!

楽天カードのお申込み 楽天カードの詳細を見る

iB(iD×QUICPay)

9位 iB(iD×QUICPay)
VISA
還元率 年会費 ETC専用カード 発行期間
最大1% 1,312円
年1回で無料
無料 最短8営業日
海外旅行保険 国内旅行保険 ショッピング保険 利用限度額
2000万円 1000万円 - 10-200万円

オリコカードから2種類の電子マネー「iD」と「QUICPay」を搭載したクレジットカードが登場! コンビニやガソリンスタンドなど電子マネーが使えるお店では、カードをかざすだけのサインレスなので決済がグンと楽に。 2つ搭載する事で、より利便性も高まっています!
このiBの素晴らしい所は、クレジットカードを年に1回でも利用すれば、年会費無料になるところです! 一般的に、年会費が発生するカードは、無料カードに比べて付帯サービスが良い場合が多いのですが、このカードもモチロン素晴らしく、旅行保険を海外・国内で付帯しています。 年会費無料のオリコカードは、どれも旅行保険を付帯していませんが、このカードは実質年会費無料で海外旅行保険を自動付帯している点が見逃せない素晴らしい特徴なのです。

また、オリコカードはポイントの還元率も魅力的で、その還元率は最高1%と高水準!

オリコモール」から参加ショッピングサイトへアクセスし、ネットでお買い物すると、貯まるスマイルがご利用金額分の2倍~20倍のポイント貯まります。
※例)Yahoo!ショッピング2倍、ベルメゾン3倍、アップルストア5倍などになります。

貯まったスマイルは、auやドコモのポイント、Yahoo・楽天のポイント、JALマイレージに交換できたり、商品に交換することができます。

iB(iD×QUICPay)のお申込み iB(iD×QUICPay)の詳細を見る

△ページ上部へ戻る