マイルが貯まるクレジットカード 人気ランキング

このページではマイルが貯まるクレジットカードを比較した結果、上位に輝いたものをランキング形式で紹介。 マイルを貯めれば無料で海外へ行くこともできちゃいます。そんなマイレージプログラムが今もっとも還元率が高く人気のある特典となっています。 どのクレジットカードが一番マイルが貯まりやすいのか徹底比較!

JALANAか、はたまた外資系のマイルを貯めるかは、人それぞれです。 どの便をよく利用するのか。マイルは陸で貯めるのかフライトで貯めるのか。マイルの有効期限は長い方が良いのか。家族で貯めるのか。 その人の生活スタイルにあったマイレージプランが非常に重要です。

■ マイレージ特集
マイレージを特集しました!クレジットカードとは切っても切り離せないマイル。 効率的なマイルの貯め方から、人気のマイレージプログラムまで総まとめ。初心者から上級者まで、タメになる情報をお届け!
マイレージ特集

ライフカード

1位 ライフカード
VISAMASTER CARD
マイル還元率 年会費 ETC専用カード 発行期間
誕生月は0.75% 無料 無料 最短7営業日
海外旅行保険 国内旅行保険 ショッピング保険 利用限度額
- - - 10-200万円

ライフカードは何と言ってもボーナスポイントでお得なことが有名です。
誕生月には貰えるポイントがなんと通常の5倍にもなります。 その他にも、入会後3ヶ月はポイント2倍だったり、利用金額に応じたボーナスポイント発生なんて事もあります。 貯まったポイントは、auやドコモのポイント、楽天ポイント、ANAマイレージに交換できたり、ギフト券に交換することができます。 年会費無料で通常の還元率も1%を超えるので、普段使いで実力を発揮します。

また、ANAマイレージへの交換率は、とても高いことで有名で、
1000円=1ポイント=2.5マイルです。(誕生月なら3倍の7.5マイル)
さらにマイルへの移行手数料も無料なので、マイルを無料で貯められるカードとしても非常に人気です。 ANA人気が沸騰する中でANAマイラーや旅行好きの方にとっては、必需品のカードでもあります。

また、ポイントが非常に貯まりやすいので、サブカードとして誕生月専用として持っておいても損はありません! EDYへのチャージでもポイントが貯まるので、ポイントの二重取りが可能な点も見逃せません。

実はライフカードは楽天ポイントへ交換でき、楽天ポイントはANAマイルへ無料で交換できるので、楽天カードとライフカードは非常に相性が良いのです。 貯まったライフポイントを楽天に交換して使ったり、ANAマイルへ交換したりできるので、楽天とライフを2枚持ちすることによって、 普段使いはライフカード、楽天市場で使う時は楽天カード、誕生月は全てライフカードと使い分ければ、ポイントが無駄にならず、年会費無料カードの最強組合せとなります!
実際の還元率はシュミレーションを参考にしてみて下さい! 

ライフカードのお申込み ライフカードの詳細を見る

JALカード

2位 JALカード VISAMASTER CARDJCB マイル還元率 年会費 ETC専用カード 発行期間
1~2% ¥2,000~ 無料 約3週間
海外旅行保険 国内旅行保険 ショッピング保険 利用限度額
カードによる カードによる カードによる 個別設定

JALカードという名前から、まさに旅行好きの人、マイレージを貯めたい人向けのカードです。
カードを作るとJALマイレージバンク(JMB)に自動登録されるので、ショッピングで利用した金額がJALのマイレージとしてどんどん貯まります。
カードの利用200円ごとに1マイル貯まります。 JALカードショッピングマイル・プレミアム会員(会費2100円)になると、100円で1マイルと高還元率へと変身します。 提携の特約店で利用すると100円で2マイルです。 お買い物の際に、なるべく特約店で買おうとする人が多いのもうなずけます。

その他にも「毎年初回搭乗ボーナス1000マイル」や「搭乗すると区間マイル+25%のボーナス」など、嬉しい特典も満載です。 飛行機に乗る機会が多い方にとっては、必需品と言ってもいいのではないでしょうか。

また家族同士でマイレージを合算する為には、JALカードが必須となっています。 マイルが家族内で分散している場合は、是非作っておいた方が便利です。

JALカードのお申込み JALカードの詳細を見る

ANA JCBカード

3位 ANA JCBカード
JCB
マイル還元率 年会費 ETC専用カード 発行期間
1~2.06% 2,000円+税 無料 約4週間
海外旅行保険 国内旅行保険 ショッピング保険 利用限度額
1000万円 1000万円 100万円 10-50万円

陸マイラーのANAマイレージ獲得術でも紹介している通り、ANAマイレージを貯めるには必須となるANAカード。 いくつか種類がある中で、人気が高いのがこのJCB系のANAカード。 ダイナースと比べると機能面では落ちますが、マイルへの還元率が高いので、ダイナースと共に人気があります。
マイル還元率はカード利用100円ごとに1ポイント=1マイル貯まります。
ANA、高島屋、西武百貨店、松坂屋、紳士服コナカ、新日本石油、出光など
ショッピングα加盟店での利用だと100円=2マイル換算になります。
「基本区間マイレージ+10%の搭乗ボーナス」、「カード年更新で1000マイルボーナス」等の特典もあります。

ただしマイルへの移行に手数料2,100円が必要なので、移行手数料が無料で、付帯保険や機能面で優れているワイドゴールドやANAダイナースの方が、EDYチャージでもポイントが貰えるのでオススメです。 もちろん、このANA JCBは年会費が安い分、お得にマイルを貯められますので、陸マイラーにとっては貴重な存在となっております。

ANA JCBカードのお申込み ANA JCBカードの詳細を見る

ANAアメリカン・エキスプレス・カード

4位 ANAアメリカン・エキスプレス
アメリカン・エキスプレス
マイル還元率 年会費 ETC専用カード 発行期間
1~2.5% 5,000円+税 500円+税/年 約3週間
海外旅行保険 国内旅行保険 ショッピング保険 利用限度額
3000万円 2000万円 200万円 個別設定

アメリカン・エキスプレスとANAが提携し誕生した、夢のマイレージカードがANAアメリカン・エキスプレス・カード。 ステータスカードとしても有名なアメックスのサービスはトップクラスで、日常生活から旅行、緊急時のサポートに対応してくれます。

ANAマイレージへの移行ですが100円=1ポイント=1マイル(100円=1マイル換算)と高還元率です。 ANA、高島屋、西武百貨店、松坂屋、紳士服コナカ、新日本石油、出光など
ショッピングα加盟店での利用だと100円=2マイル換算になります。
マイルへの移行には年会費5,250円の移行コースに参加しなくてはなりませんが、ポイントとして貯める分には参加の必要がないので、マイルへ移行する時だけ参加すれば、参加費の5,250円を節約できます。 しかも移行コースに参加するとポイントの有効期限が無期限になります!

その他にも「基本区間マイレージ+10%の搭乗ボーナス」、「カード年更新で1000マイルボーナス」等の特典もあります。 付帯保険やANAアメリカン・エキスプレス・カードのサービスを利用できることを考えると、年会費以上の価値がある最高のカードだと言えます。
また、旅に強いアメリカン・エキスプレスならではの機能として、空港ラウンジが利用できます。カードの年会費5,250円で空港ラウンジが利用できること事態、他のカードではありえないのですが、アメックスの特徴でもある「同伴者も利用可」という機能もちゃんと付いてきます。
ほとんどのカードは、会員本人だけしかラウンジが利用できないので、同伴者がいる場合、利用を諦めてしまう事も多いので、この機能は非常に貴重です。

ポイントをマイレージとして交換するのであれば、今人気上昇中のANAマイルが一番貯まるといっても過言ではない、このANAアメックスがお勧めです。 また、マイルの価値を1マイル=2円として考えるのであれば、還元率は2%~4%!

ANAアメリカン・エキスプレス・カードのお申込み ANAアメリカン・エキスプレス・カードの詳細を見る

JALカード(アメリカン・エキスプレス)

5位 JALカード(アメリカン・エキスプレス) AMEX マイル還元率 年会費 ETC専用カード 発行期間
1~4% ¥6,000~ 無料 約4週間
海外旅行保険 国内旅行保険 ショッピング保険 利用限度額
3000万円~ 3000万円~ 200万円~ 個別設定

遂にJALカードとアメリカン・エキスプレスが提携した夢のクレジットカードが誕生!
JALカードとしての機能は、他のJALカードと同じではありますが、アメックスブランドが選べる事が非常に大きな魅力なのです。 それは、アメックス独自の限定特典があるのはモチロンの事、他のカードにはない柔軟な決済に対応しているところだと思います。 特に毎月大きな額を利用される方は、アメックスがどのブランドよりも高額決済を許してくれるカードだと知っています。
そんなアメックスブランドでJALマイルを貯めようと思っても、今まではマイル移行プログラム(有料)に参加しなければならなかったですし、移行上限もありますので、色々と面倒で使いづらい部分があったかと思います。 それが、このカードの登場によって、いくらでもJALマイルを貯めることができるので、経営者や高額利用者には、本当に嬉しいカードなのです。

アメックスブランドで発行できるのは、普通カード、ゴールドカード、プラチナカードの3種類となります。 JALマイルを貯めるのであればJALカードショッピングマイル・プレミアム会員(会費3150円)が必須となりますので、普通カードの年会費(6300円)+ショッピングマイル(3150円)=9450円を選ぶのであれば、ショッピングマイルに無料で自動入会できるゴールドカードをお勧めいたします。 ショッピングマイルに入会すると100円で1マイルと高還元率でマイルが貯まります。 またJAL提携の特約店で利用すると100円で2マイルになります。 その他にも「毎年初回搭乗ボーナス2000マイル」や「搭乗すると区間マイル+25%のボーナス」など、嬉しい特典も満載です。

また、JALカードの中でも、アメックスブランドのみに付帯するサービスもあります。 まず、クレジットカード提携の空港ラウンジを利用することができます。しかも同伴者1名まで無料です! また、ゴールド、プラチナカードの場合、手荷物空港宅配サービスが利用できたり、JALグループでさらにマイルが貰えるアドオンマイルサービスがあります。 アドオンマイルの対象は、航空券・機内販売・ツアー・通信販売などで、ゴールドカードだと100円で3マイル(還元率3%)、プラチナカードだと100円で4マイル(還元率4%)貰えることになります。 ここまで還元率の高いカードはなかなかありません。JALを頻繁に利用される方には本当にオススメのカードです。

JALカード(アメリカン・エキスプレス)のお申込み JALカード(アメリカン・エキスプレス)の詳細を見る

《セゾン》ゴールド・アメリカン・エキスプレス・カード

6位 《セゾン》ゴールド・アメリカン・エキスプレス・カード
アメリカン・エキスプレス
人気ポイント 年会費 ETC専用カード 発行期間
永久不滅
ポイント
10,000円+税 無料 最短3営業日
海外旅行保険 国内旅行保険 ショッピング保険 利用限度額
5000万円 5000万円 200万円 個別設定

セゾンカードとアメックスが提携した、良いとこどりカードです。
つまりセゾンカードが持っている特典とアメックスが持っている特典を1枚に集約したようなカードなんです。 ゴールドとしての付帯保険や空港ラウンジ無料利用などは当然持っており、それ以上の機能が付いてきます。

また、実はこのクレジットカード、マイラーには影で知られた超凄カードなんです。 JALマイレージ獲得術でも、紹介しておりますが、あるマイレージプログラムに参加するとJALカードよりも高還元になります。 つまりJALカードよりもJALマイルが貯めやすいカードということになります。 JALグループでの利用はJALカードを利用し、それ以外の普段の利用はセゾンゴールドを利用するという使い分けをすると、最強の組合せとなっちゃうのです。

《セゾン》ゴールド・アメリカン・エキスプレス・カードのお申込み 《セゾン》ゴールド・アメリカン・エキスプレス・カードの詳細を見る

ANA VISA Suicaカード

7位 ANA VISA Suicaカード
JCB
マイル還元率 年会費 ETC専用カード 発行期間
1~2% 750円~2,000円+税 無料 約4週間
海外旅行保険 国内旅行保険 ショッピング保険 利用限度額
1000万円 1000万円 100万円 10-80万円

陸マイラーのANAマイレージ獲得術でも紹介している通り、ANAマイレージを貯めるには必須となるANAカード。 ANA JCBと並ぶ人気を誇るのが、このANA VISA Suica。 Suicaと連携する事で、電車でもお得にマイルを貯められるようになりました。 普段Suicaを利用できる環境にあるならば、ANA VISAが有利となります!

マイル還元率はカード利用100円ごとに1ポイント=1マイル貯まります。
ANA、高島屋、西武百貨店、松坂屋、紳士服コナカ、新日本石油、出光など
ショッピングα加盟店での利用だと100円=2マイル換算になります。
「基本区間マイレージ+10%の搭乗ボーナス」、「カード年更新で1000マイルボーナス」等の特典もあります。

何種類もあるANAカードを1枚1枚確実に比較したい場合は、こちらのANAカード完全ガイドにて解説していますので、参考下さいませ。

ANA VISA Suicaカードのお申込み ANA VISA Suicaカードの詳細を見る

ANAアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード

8位 ANAアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード
アメリカン・エキスプレス
マイル還元率 年会費 ETC専用カード 発行期間
1~3% 31,000円+税 525円/年 約3週間
海外旅行保険 国内旅行保険 ショッピング保険 利用限度額
1億円 5000万円 500万円 個別設定

アメリカン・エキスプレスとANAが提携し誕生した、夢のマイレージカードがANAアメリカン・エキスプレスのゴールドカード。 年会費が高く見えるかもしれませんが、その理由は簡単。アメックスのゴールドカードと全く同じ機能を持たせ、さらにANAカードとしての機能を追加したからです。 アメックスのゴールドカードといえば、高い補償額に質の高いサービスで有名です。 旅行時の空港ラウンジにいたっては同伴者が無料になり、海外から帰国の際はスーツケースを自宅まで無料宅配といったサービスまで付いています。 ほとんどのカードは、会員本人だけしかラウンジが利用できないので、同伴者がいる場合、利用を諦めてしまう事も多いので、この機能は非常に貴重です。

ANAマイレージに関しては100円=1ポイント=1マイル(100円=1マイル換算)と高還元率です。 ANA、高島屋、西武百貨店、松坂屋、紳士服コナカ、新日本石油、出光など
ショッピングα加盟店での利用だと100円=2マイル換算になります。
マイルへの移行は無料ポイントの有効期限が無期限です!

その他にも「基本区間マイレージ+25%の搭乗ボーナス」、「カード年更新で2000マイルボーナス」等の特典もあります。 付帯保険やANAアメリカン・エキスプレス・カードのサービスを利用できることを考えると、年会費以上の価値がある最高のカードだと言えます。

アメックスのプロパーカードと、このANAアメックスの2枚持ちしている人もいるほど、非常に人気のカードです。
ANAマイレージを貯めるのであれば、入会特典も充実している今がチャンスです!

ANAアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードのお申込み ANAアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードの詳細を見る

JALダイナースカード

9位 JALダイナースカード
DINERS
マイル還元率 年会費 ETC専用カード 発行期間
1~2% 22,000円+税 500円+税/年 約3週間
海外旅行保険 国内旅行保険 ショッピング保険 利用限度額
最高1億円 最高1億円 年間最高500万円 一律の制限無し

ダイナースクラブのサービスとJALのマイレージプログラムが1つになったJALダイナースカード。 ステータスカードとしても有名なダイナースのサービスはトップクラスで海外・国内の空港ラウンジが使えたり、日常生活から旅行、緊急時のサポートも24時間365日対応してくれます。
エグゼクティブに人気のカードで、持っていると多くの割引や特典のメリットがあります。信頼のカードとして、長期保有していく方には特におすすめです。
肝心のJALマイレージへの移行レートですが100円=1マイルです。
特約店での利用は2倍(100円=2マイル)になります。
マイルへの移行手数料はもちろん無料で、その他にも「基本区間マイレージ+25%の搭乗ボーナス」、「カード年更新で2000マイルボーナス」等の特典もあります。

付帯保険やサービスを考えると、年会費以上の価値がある最高のカードだと言えます。 JALマイルを貯めるには必須であるJALカードですが、JALカードの中でも最高の特典に、ダイナースクラブの全機能をプラスした最強のカードだといえます。

JALダイナースカードのお申込み JALダイナースカードの詳細を見る

ANAダイナースカード

10位 ANAダイナースカード
DINERS
マイル還元率 年会費 ETC専用カード 発行期間
1~2% 20,000円+税 500円+税/年 -
海外旅行保険 国内旅行保険 ショッピング保険 利用限度額
最高1億円 最高1億円 年間最高500万円 一律の制限無し

ダイナースクラブのサービスとANAのマイレージプログラムが1つになったANAダイナースカード。 ステータスカードとしても有名なダイナースクラブのサービスはトップクラスで海外・国内の空港ラウンジが使えたり、 日常生活から旅行、緊急時のサポートも24時間365日対応してくれます。

アメリカン・エキスプレスと同様にエグゼクティブに人気のカードで、取得審査は厳しいものの、持っていると一見さんお断りの料亭に入れたり、ホテル宿泊が割引になったりと多くのメリットもあります。 信頼のカードとして、長期保有していく方におすすめです。
肝心のANAマイレージへの移行レートですが1万円で1ポイント=100マイル
(100円=1マイル換算)
ANA、高島屋、西武百貨店、松坂屋、紳士服コナカ、新日本石油、出光など
ショッピングα加盟店での利用だと100円=2マイル換算になります。
マイルへの移行手数料はもちろん無料で、その他にも「基本区間マイレージ+25%の搭乗ボーナス」、「カード年更新で2000マイルボーナス」等の特典もあります。

付帯保険やサービスを考えると、年会費以上の価値がある最高のカードだと言えます。
また、マイレージに交換できるポイントに有効期限が無いので、有効期限無しでマイルが貯められるという非常に大きなメリットも、このダイナースクラブにはあります。

ANAダイナースカードのお申込み ANAダイナースカードの詳細を見る

JCB EIT

11位 JCB EIT
JCB
マイル還元率 年会費 ETC専用カード 発行期間
0.3~0.6% 無料 無料 約1週間
海外旅行保険 国内旅行保険 ショッピング保険 利用限度額
最大2000万円 - 100万円限度 個別設定

JCBから新たに発行されたカードがこのJCB EIT。 大きな特徴として、年会費無料であること。そして、ポイントが常時2倍であることです。 通常JCBが発行するクレジットカードは1,000円の利用毎に1ポイントなのですが、EITは1,000円で2ポイント貯まります。 つまり、還元率は常時1%以上です!

貯めたポイントは移行先が豊富で、マイレージに関していえば、JAL、ANA、ノースウエスト、アリタリア航空と4社へ移行可能です。 しかも移行手数料が無料です。つまり数少ないJALマイルを無料で貯められるカードでもあるのです!

これだけでもお得ですが、付帯保険も充実しています。 海外旅行保険は自動付帯で最高2000万円ショッピング保険は年間100万円までの補償が付帯されています。 海外旅行保険を自動付帯していることを考えると、保険目的だけでも絶対に持ちたいカードと言えます。その理由はこちら

JCB EITのお申込み JCB EITの詳細を見る

デルタ スカイマイル ダイナースクラブカード

12位 デルタ スカイマイル ダイナースクラブカード
DINERS
マイル還元率 年会費 ETC専用カード 発行期間
1% 21,000円+税 525円/年 -
海外旅行保険 国内旅行保険 ショッピング保険 利用限度額
最高1億円 最高1億円 年間最高500万円 一律の制限無し

ダイナースクラブとデルタ航空が提携してできたデルタ スカイマイル ダイナースクラブカードです。
カードの基本スペックはダイナースクラブなので、様々な優待や付帯サービスを受けられます。 またカード利用限度額に一律の上限がないのも、非常にありがたいです。年会費は高いですが、それに見合う充実したカードである事は間違いありません。

また提携のデルタ航空のマイレージプログラム「スカイマイル」にも参加することができ、カードの利用100円ごとに1マイルが自動的に加算されます。
最近人気が出始めているデルタ航空ですが、人気の理由の1つにマイレージの有効期限が実質ないところにあります。 中々マイルを貯められずに有効期限切れになってしまう方には嬉しいサービスです。

海外の航空会社はユーザに嬉しいメリットが多いので、おすすめのカードです。

デルタ スカイマイル ダイナースクラブカードのお申込み デルタ スカイマイル ダイナースクラブカードの詳細を見る

△ページ上部へ戻る