ANAカード完全ガイド

全日本空輸(ANA) 全日本空輸(ANA)のマイルを貯めるにはANAカードが必須です。 なぜ「ANAカード」はマイルを貯めるのに重要な存在であるのかを、ご紹介したいと思います。

また、数種類あるANAカードの違いを比較し、どのカードが最適であるのか掘り下げてみましょう。

ANAカードとは

ANAカードとは、ANAマイレージクラブ(AMC)カードにIC(EdyまたはSuica)機能やクレジット機能が付いたカードのことをいいます。 ANAカードとは
AMCカードでは貯められない、ショッピングマイルをANAカードでは貯めることができるようになります。 その他にも重要なキャンペーンや機能がありますので、その辺についてもご紹介していきたいと思います。


ANA JCB ANA JCBならANAカードの中で必要経費を一番安くおさえてマイルが貯められます! 日本企業を応援するなら間違いなくJCBです!


ANAカードについて

■ ANAカードの特徴
ANAカードの特徴ですが、JALカードと違い、クレジットカードを利用しても直接マイレージ口座にマイルが貯まりません。 一度クレジットカード会社のポイントとして貯まり、それをANAマイルに移行することでマイルを貯めます。 感の良い方はお気付きになられたかと思いますが、クレジットカード会社ごとにポイントの仕組みが異なるので、カードによってマイルの貯めやすさも変わってくるのです。

それではANAカードについてですが、ANAカードは全日空と提携する4つのクレジットカード会社から発行されており、発行会社によって付帯サービスが異なってきます。 つまりANAカードは、選び方を間違えると失敗する可能性もあるということです。 同じANAカードであるのに、ここまで仕組みが違うのも面白いカードだと言えます。

■ ANAカードのメリット・デメリット
★ メリット
ANAマイレージの有効期限は3年ですが、ANAカードはクレジットのポイントを貯めてからマイルに移行する方式なので、 クレジットのポイントの有効期限(2年)+ANAマイレージの有効期限(3年)の5年間マイレージを活用できる期間があります。 またダイナースやアメックスのようなポイントの有効期限が無いカードを選べば、実質永久的にマイルを貯めることも可能です! JALカードのようにポイントでなくマイルが自動積算されてしまう仕組みだと、有効期限は3年しかありませんので、それと比べるとメリットと言えるのではないでしょうか。
★ デメリット
直接マイレージ口座にマイルが貯まるわけではないので、ポイントをマイルに移行する際に手数料を取られる点注意したいところです。


ANAカードを発行会社別に分類

ANAカードは提携する4社から発行されており、全部で14種類ほどあります。
それではANAカードを発行している4社14種のカードを見てみましょう。
■ 三井住友VISAカード
三井住友VISAカード 学生カード、一般カード、ANA VISA Suicaカード、ワイドカード、ワイドゴールドカードの5種を発行しており、VISAブランドだけでなく、MasterCardブランドも選択できます。

サービス学生一般Suicaワイドワイドゴールド
カード券面 ANA VISA学生カード ANA VISA一般カード ANA VISA Suicaカード ANA VISAワイドカード ANA VISAワイドゴールドカード
提携ブランド VISA/Master VISA VISA/Master
初年度年会費 無料 7,612円 14,700円
年会費 無料 2,100円 7,612円 14,700円
年会費割引 - *1=\1,575
*2=\1,076
*1=\1,575
*2=\788
*1=\7,087
*2=\6,588
*1=\13,650
*2=\11,025
*3=\9,975
家族カード なし 1,050円 なし 1,575円 4,200円
入会ボーナス 1,000マイル 2,000マイル
カード継続ボーナス 1,000マイル 2,000マイル
フライトボーナス 区間マイル+10%ボーナス 区間マイル+25%ボーナス
ポイント付与 1,000円毎に1ポイント
ボーナスポイント ・マイ・ペイすリボを利用するとポイント2倍
・前年度のカード利用額に応じてボーナスポイント付与(V1~V3)
・オンラインモール「ポイントUPモール」で最大20倍
Edyチャージ ポイント付与なし
ポイント有効期限 2年
マイル移行 ・5マイルコース(1pt→5マイル)
・10マイルコース(1pt→10マイル)
・ボーナスポイントの移行は1pt→3マイル
10マイルコース
(1pt→10マイル)
ボーナスポイント
(1pt→3マイル)
マイル移行手数料 ・5マイルコース(無料)
・10マイルコース(6,300円)
10マイルコース(無料)
移行タイミング ・応募方式(移行所要時間1週間)
・自動移行方式
空港ラウンジ × 国内27空港で利用可
海外旅行保険 1000万円(死亡・後遺障害保障、救援者費用のみ)
自動付帯
5000万円
自動付帯
5000万円
自動付帯
家族特約有
国内航空保険 1000万円
自動付帯
5000万円
自動付帯
国内旅行保険でカバー
国内旅行保険 × 5000万円
自動付帯
ショッピング保険 100万円(リボ・海外利用のみ) 300万円

*1:カードご利用代金WEB明細書サービスを利用し過去1年間に6回以上の請求がある場合
*2:マイ・ペイすリボへご登録のうえ、年に1回以上カードを利用した場合
*3:カードご利用代金WEB明細書サービスを利用し、マイ・ペイすリボに登録した場合

三井住友VISAの特徴は年会費割引サービスがあるところです。 そして、マイル移行時に5マイルコースと10マイルコースを選ぶことができます。5マイルコースは移行手数料が無料ですが、レートが悪いのオススメしません。 ボーナスポイントとして得たポイントは、レートは下がりますがマイルに移行できます。どちらのコースを選択しても1ボーナスポイント=3マイルです。
ボーナスポイントに関しては、マイ・ペイすリボを利用した場合にポイント2倍、 前年度の利用額によって、「V1」「V2」「V3」の各ステージが設定され、ステージに応じてカード利用額に対してボーナスポイントが貰えます。 オンラインモールの利用ではポイント最大20倍貰えます。
その他の発行会社と比べ移行手数料が6,300円と高額ですが、ワイドゴールドカードは移行手数料無料なのでおすすめです。

■ JCB
JCB ANA JCBカードZERO、ANA JCBカード(学生用)、ANA JCB一般カード、ANA JCBワイドカード、ANA JCBワイドゴールドカード、ANA JCBカード プレミアム、の6種を発行しています。
★☆ JCBプラザ ☆★
世界60ヵ所に設置されたJCB会員の方専用の海外サービス窓口です。JCB加盟店のご予約や観光に関するお問い合わせを、JCBプラザ・スタッフが日本語で承ります。
JCBプラザの利用体験記はこちら

★☆ 東京ディズニーリゾートオフィシャルカード ☆★
JCBは、東京ディズニーランドと東京ディズニーシーのオフィシャルスポンサーです。チケットのお求め、ショップ、レストランで利用できます。

サービスZERO学生一般ワイドゴールドプレミアム
カード券面 ANA JCBカードZERO ANA JCBカード(学生用) ANA JCB一般カード ANA JCBワイドカード ANA JCBワイドゴールドカード ANA JCBカード プレミアム
提携ブランド JCB
初年度年会費 無料 7,612円 14,700円 73,500円
年会費 無料 2,100円 7,612円 14,700円 73,500円
年会費割引 なし
家族カード 無料 なし 1,050円 1,575円 4,200円
入会ボーナス なし 1,000マイル 2,000マイル 10,000マイル
カード継続ボーナス なし 1,000マイル 2,000マイル 10,000マイル
フライトボーナス 区間マイル+10%ボーナス 区間マイル+25%ボーナス 区間マイル+50%ボーナス
ポイント付与 1,000円毎に1ポイント
ボーナスポイント ・「JCB STAR MENBERS」前年度の利用額に応じてボーナス
・「OkiDokiランド」オンラインモール
・ANAカードマイルプラス(100円=1マイル)
・1,000円毎に+1ボーナスポイント
・JCB STAR MENBERS
・OkiDokiランド
・ANAカードマイルプラス(100円=2マイル)
Edyチャージ ポイント付与なし 200円毎に1マイル
ポイント有効期限 2年
マイル移行 ・5マイルコース(1pt→5マイル)
・ボーナスポイントの移行は1pt→3マイル
・5マイルコース(1pt→5マイル)
・10マイルコース(1pt→10マイル)
・ボーナスポイントの移行は1pt→3マイル
10マイルコース
(1pt→10マイル)
ボーナスポイント
(1pt→3マイル)
マイル移行手数料 5マイルコース(無料) 10マイルコース(無料) ・5マイルコース(無料)
・10マイルコース(2,100円)
10マイルコース(無料)
移行タイミング ・応募方式(移行所要時間1週間)
・自動移行方式

JCBの特徴は移行手数料が2,100円/年とANAカード最安値であるところです。 またJCBワイドゴールドは、ポイントの2重~4重取りに必要なEdyチャージでマイル獲得という非常に貴重な機能を持っています。
ボーナスポイントに関しては、「JCB STAR MEMBERS」というプログラムがあり、前年度の利用額に応じて利用額に対してボーナスポイントが加算されます。 前年度50万円の利用だと「スターβ」でポイントが10%加算され、前年度100万円以上の利用だと「スターα」でポイントが20%加算されます。 さらに300万円以上の利用だと「ロイヤルα」メンバーでポイントが25%加算されます。 ボーナスポイントとして得たポイントは、レートは下がりますが1ポイント=3マイルで移行できます。
オンラインモール「OkiDokiランド」の利用ではポイント最大20倍貰えます。

券種を選ぶ際、ZEROは年会費無料なので良く見えるかもしれませんが、5マイルコースしか選べませんので、レートが悪くおすすめしません。 年会費は高いですが、付帯保険がしっかりしていて、Edyチャージでもマイルが貰えるワイドゴールドを当サイトではオススメいたします。
Edyチャージで得する技を紹介 - ポイント3重取り!

■ ダイナースクラブ(シティカード)
ダイナースクラブ ANAダイナースカードの1種を発行しています。
★☆ クラブラウンジ ☆★
国内・海外400ヶ所以上の空港にクラブラウンジを利用できます。無料で利用できるので、出発までロビーの喧噪を離れて、ゆったりと過ごせます。

★☆ 24時間カスタマーサービス ☆★
カードの紛失・盗難、各種サービスのご案内など、24時間・年中無休で会員をサポート。

★☆ 多種多様な特典・優待サービス ☆★
ステイタスカードとして有名なダイナースクラブならではの多彩な特典やサービスが付帯されています。

■ アメリカン・エキスプレス
アメリカン・エキスプレス ANAアメリカン・エキスプレス・カード、ANAアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードの2種を発行しています。

サービスダイナースクラブアメックスアメックス
ゴールド
カード券面 ANAダイナースカード ANAアメリカン・エキスプレス・カード ANAアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード
提携ブランド Diners AMEX
初年度年会費 21,000円 7,350円 32,550円
年会費 21,000円 7,350円 32,550円
年会費割引 なし
家族カード 6,300円 2,625円 16,275円
入会ボーナス 2,000マイル 1,000マイル 2,000マイル
カード継続ボーナス 2,000マイル 1,000マイル 2,000マイル
フライトボーナス 区間マイル+25%ボーナス 区間マイル+10%ボーナス 区間マイル+25%ボーナス
ポイント付与 10,000円毎に1ポイント 100円毎に1ポイント
ボーナスポイント ・ANAカードマイルプラス(100円=1マイル) ・ANAグループ利用はポイント1.5倍
・ANAカードマイルプラス(100円=1マイル)
・ANAグループ利用はポイント2倍
・ANAカードマイルプラス(100円=1マイル)
Edyチャージ 200円毎に1マイル ポイント付与なし
ポイント有効期限 無期限 2年(移行コースに登録中は無期限) 無期限
マイル移行 1ポイント→100マイル
(1ポイント単位)
1ポイント→1マイル
(1000ポイント単位)
マイル移行手数料 無料 移行コース6,300円/年 無料
移行タイミング ・都度移行(移行所要時間1週間)

ダイナースやアメックスは年会費は高いですが付帯サービスが非常に良くて、一般的なゴールドカード以上の機能を持っております。 様々な特典も付いており、そんな高機能カードにANAのオリジナル特典が合体したのが、ANAカードなのです。 本当に良いとこどりのカードと言えます。各カードの詳しい機能に関しては、ぜひカード詳細ページで確認してみて下さい。
ANAダイナースカードはANA JCBワイドゴールドと同様に、Edyへのチャージでマイル積算されます。


ANAカードが持つオリジナル特典

ANAカード会員には、様々な特典が付帯しております。持っているだけでもお得な特典がありますし、飛行機に乗るのであれば様々な恩恵を受けられます。 旅行保険も付帯していますので、マイラーには必需品とも言えます。ANAカードが持つオリジナル特典をご紹介したいと思います。

★ フライトマイルボーナス ★
ANAカード会員でマイル積算対象運賃でANAグループ便に搭乗すると、フライトマイルに加え、ボーナスマイルが貰えます。 ボーナスは、区間マイルにプラスアルファで最大25%の搭乗ボーナスとしてマイルが積算されます。

★ 毎年継続ボーナス ★
ANAカード会員でいるだけで毎年ボーナスマイルが貰えます。 ボーナスマイルは、年会費をクレジットカード会社指定の期日までにお支払いいただいた場合に、対象となります。(年会費お支払月の翌月末までに積算)
ANA JCBカード ZEROはご入会時ご継続時のボーナスマイル対象外となります。

★ ANAカードマイルプラス ★
ANAカードマイルプラス 「ANAカードマイルプラス」は、ANAカードマイルプラス提携店で利用すると、クレジットカード会社のポイントとは別に、さらに100円=1マイル(または200円=1マイル)を自動で積算されます。 提携店は、ホテルやガソリンスタンドなど身近な場所にあり、クレジットのポイントと合わせると100円=2マイルと還元率2%になります!

★ 国内線・国際線の機内販売割引 ★
ANA国内線、国際線およびエアージャパン便での機内販売品のご購入時、ANAカードのお支払金額が10%割引となります。 ANA国際線では1便につき20万円まで、ANA国内線では1便につき8万5千円まで利用いただけます。

★ 空港内免税店での割引 ★
ANAカードを提示のうえお買いものをすると、代金が10%割引となります。
【成田空港】
第1ターミナル 南ウイング ANA DUTY FREE SHOP
第2ターミナル 本館中央 ANA DUTY FREE SHOP
【羽田空港】
国際線ターミナル TIAT DUTY FREE SHOP SOUTH
【関西空港】
北ウイング ANA DUTY FREE SHOP

★ 空港内店舗「ANA FESTA」での割引 ★
全国各空港にある「ANA FESTA」で1,000円(税込)以上のお買い物の際、レジにてANAカードを提示すると、代金が10%割引となります。

★ ANA通信販売割引 ★
ANAオリジナル商品や国内外の逸品などをお届けする、マイルが貯まるショッピングサイト「ANAショッピング astyle」では、ANAカードで支払うと、7%割引にて購入できます。

★ 成田空港でのパーキング割引 ★
マイカーで成田空港へお出かけの際は、セントラルパーキング成田でANAカードをご提示いただくと料金が割引となります。ご出発の3~5日前までにご予約ください。

★ IHG・ANA・ホテルズグループジャパンでのサービス ★
ご予約の際にANAカード会員の旨を伝えると、ベストフレキシブル料金より5%割引となります。
また、対象ホテルにご宿泊いただいた方に、朝食を無料サービス。各ANAホテルでは、ウェルカムドリンクもサービス。 ご予約の際にANAカード会員である旨をお伝えいただき、チェックイン時にフロントでカードをご提示ください。

★ ANAスカイホリデー・ANAハローツアー・ANA SKY WEB TOUR割引販売 ★
日本中の見どころをズラリとそろえたANAの国内旅行商品「ANAスカイホリデー」、ANAがお届けする魅力あふれる海外旅行商品「ANAハローツアー」およびANAの総合旅行サイト「ANA SKY WEB TOUR(ANAスカイウェブツアー)」を5%割引にてご利用いただけます。

★ ANAカード専用運賃「ビジネスきっぷ」 ★
ご搭乗日当日の予約・変更が可能で、ANA国内線全路線に設定のある、便利でおトクな「ANAカード会員専用」運賃です。 ビジネスや急な旅行に最適の2枚つづりで、マイル積算も区間マイル100%となります。2枚つづりなので、「往復」でも「同一方向2回」でも利用可能です。

★ ビジネスクラス専用カウンターで余裕のチェックイン ★
ANA国際線エコノミークラスご利用の際に、ビジネスクラス専用カウンターをご利用いただけます。 成田空港第1ターミナルの場合は「ビジネスクラス専用チェックインカウンター(Cゾーン)」を利用できます。

★ レンタカー割引サービス ★
国内では、ニッポンレンタカー、トヨタレンタカー、オリックスレンタカーを5%割引でご利用いただけます(ただし利尻島、礼文島では適用されません)。 海外ではハーツレンタカーを5~20%割引でご利用いただけます。

★ ANAスカイポーター割引サービス(空港宅配サービス) ★
海外旅行の大きな手荷物を空港までお届けする宅配サービス「ANAスカイポーター」。 運送料金を割引(通常料金よりご出発は200円、ご到着は160円割引)にて利用でき、帰国の際の配送も可能です。
対象空港:成田空港、関西空港・羽田空港(国際線)
また、ANAカード会員の方なら運送料金を割引でご利用いただけるほか、一般カードの場合は50マイル、ワイドカード以上の場合は100マイルが積算されます。

★ ANAラーニング公開講座 受講料割引 ★
機内で、空港で、オフィスで、ANAグループが培ってきたノウハウをベースに、ANAラーニングがお送りする研修プログラム。 「接遇&マナーセミナー」「医療現場の接遇セミナー」「ヒューマンエラー対策セミナー」「ブレークスルー・コミュニケーション」などの公開講座を15%割引で受講できます。

★ 空港ラウンジサービス ★
ワイドゴールドカードの付帯サービスとして、提携カード会社の会員専用ラウンジを利用できます。
空港ラウンジの詳細はこちらを参照ください。

■ 上記サービスのまとめ
ANAカードが持つオリジナル特典と対応するカードを表にまとめましたので、比較の際に活用下さいませ。

特典一般カードワイドワイドゴールド
対象カード ANA一般カード
ANA AMEX
ANAワイドカード ANAワイドゴールドカード
ANA AMEX GOLD
ANAダイナース
入会ボーナス 1,000マイル 2,000マイル
毎年継続ボーナス 1,000マイル 2,000マイル
フライトボーナス 区間マイル+10% 区間マイル+25%
ANAカードマイルプラス 100円=1マイルまたは200円=1マイル
機内販売 10%割引
空港内免税店 なし 10%割引
空港内店舗 「ANA FESTA」で10%割引
ANA通信販売割引 7%割引
空港パーキング割引 成田空港で割引有り
IHG・ANA・ホテルズグループジャパン ・宿泊割引 ・宿泊割引
・朝食無料&ウェルカムドリンク
ツアー割引 ANAスカイホリデー・ANAハローツアー・ANA SKY WEB TOURで5%
ビジネスきっぷ ANAカード専用の割引運賃
ビジネスクラス専用カウンター × チェックイン利用可
空港ラウンジサービス ×
(○ AMEXのみ)
×
レンタカー割引 5%(ニッポンレンタカー、トヨタレンタカー、オリックスレンタカー)
5~20%(ハーツレンタカー)
ANAスカイポーター 運送料金を割引(出発は200円、到着は160円)
ANAラーニング公開講座 15%割引

ANAカードの選び方

ANAマイルを貯める上で必須のANAカードですが、数種類あるカードの中から、どのように選べば良いのかは悩みどころです。 学生であれば学生カード一択ですが、それ以外の方はどのように選べばよいか参考にして頂ければ幸いです。

■ 有効期限で決める
ANAカードの中でも、アメックスブランドとダイナースブランドは、ポイントの有効期限がありませんので、有効期限を気にせずに、ほぼ半永久的にマイルを交換する事ができます。 飛行機に乗らない方やカード利用額が少ない方など、あまりマイルを貯める事ができない場合は、AMEXかDinersも選択肢の一つとなると思います。 ただし、年会費が高額でもあるので、維持費が負担に感じる方は、他のカードでも良いと思います。 特典航空券に交換できずとも、マイル自体は還元率の良いプログラムなので、クーポンや電子マネーと交換してもお得です

■ 維持費で決める
年会費や移行手数料を安くしたいと考えた場合、ANA VISAANA JCBの一般カードが候補になってくると思います。 年会費は割引サービスのあるANA VISA(1,076円/年)に軍配があがりますが、移行手数料が6,300円と高めです。 ANA JCBは年会費2,100円ですが、移行手数料も2,100円なので、総合的に考えるとANA JCBの方がお得となります。
ただしANA JCBワイドカードは毎年継続ボーナスでカードを持っているだけで、一般カードより1,000マイル多い2,000マイル貰えます。 1,000マイル貯める為にはカード利用10万円が必要なので、そう考えればワイドやワイドゴールドカードも悪くない選択ではないでしょうか。

■ 機能で決める
何よりも高機能が良いという方は、付帯サービスや付帯保険を考えてアメリカン・エキスプレス(AMEX)やダイナースクラブ(Diners)が良いと思います。 旅行保険もフル装備していますし、空港ラウンジが無料で使えるなどの特典も嬉しいです。
アメリカン・エキスプレスのゴールドカードに関していえば、最強クラスの付帯サービスと言っても過言ではありません。 また、ANAグループでの利用で貰えるボーナスポイント(一般は1.5、ゴールドは2倍)はANAカードの中で最強還元率です。 さらに、ANAカードマイルプラスもあるので、ポイント2重取りも可能です!

■ 還元率で決める
基本的な還元率は、どのANAカードも大きな違いはありません。 大きく変わってくるのはボーナスポイントの部分となってきます。 例えば、オンラインモールを多く利用するのであれば、ANA JCBのOkiDokiランドはポイント最大20倍と有望です。 ANAグループでの利用が多い方はAMEXが断然良いです。


ANAカード一覧

今回ご紹介したANAカードを一覧で比較したい方は、こちらANAカードの一覧ページを参考ください。
ANAカード 比較一覧

マイレージ特集

マイレージプログラムのサービス内容は、どのプログラムでも基本は同じですが、細かい部分は航空会社によって異なります。 ぜひあなたに合ったプログラムを見つけてみて下さい。マイレージ特集ではマイレージプログラムの違いや、お得な獲得術について纏めています。 マイレージプログラム選びの参考情報として活用いただければ幸いです。
マイレージ特集 トップページへ
マイルが貯まるカード 人気ランキング

クレジットカード特集・コンテンツ

クレジットカードに関する特集・コンテンツです。お得情報から裏技など多岐に渡ってご紹介!
入会キャンペーン中のカード一覧   編集部が選ぶ最強のクレジットカード組み合わせ
最強のポイントカードをシミュレーション   最強のガソリンカードをシミュレーション

△ページ上部へ戻る