ANAアメリカン・エキスプレス・カード

ANAアメリカン・エキスプレス・カード 旅に、日々の暮らしに、上質のサービスを。2つのAでマイルが貯まる
国際ブランド: アメリカン・エキスプレス  電子マネー: EDYQUICPay
ANAアメリカン・エキスプレス・カード

カードの特徴

ステイタスカードとして有名なアメリカン・エキスプレス(AMEX)が、ANAと提携することによって夢のマイルカードが誕生しました。 日常生活でスマートにマイルを貯めることができます。
アメリカン・エキスプレスのイメージは「国内の加盟店が少なく利用できる店も少ない」と思われている人も多いですが、JCBと加盟店業務を提携していますので、JCBが使える店であればほとんど利用することができます。

■ 年会費
年会費は7,560円(税込)

■ 付帯保険 ・・・・・クレジットカードの保険について
海外旅行傷害保険: 最大3000万円まで利用付帯で補償。
国内旅行傷害保険: 最大2000万円まで利用付帯で補償。
ショッピング・プロテクション: カードで購入した商品を年間200万円まで補償。
オンライン・プロテクション

■ ANAアメリカン・エキスプレス メンバーシップ・リワード
ポイントプログラムは、カード利用金額100円につき1ポイント貯まります。
「ポイント移行コース」に登録すると、貯めたポイントは、1,000ポイント(=1,000マイル)単位で、ANAマイレージクラブに移行可能。 つまりレートは「100円=1マイル
年間移行ポイント数に制限はありません。
また「ポイント移行コース」(参加費6,300円/年間、自動更新)登録期間中は、ポイントに有効期限はありません。 「ポイント移行コース」に登録しない場合、獲得したポイントの有効期限は翌々プログラム年度末日までとなります。

貯めたポイントは、ANAマイルへの移行以外にも、アメリカン・エキスプレスが厳選した、300を超えるバラエティ豊かなアイテムにも交換できます。

■ マイル・ボーナス
入会ボーナス:1,000マイル
入会特典:1,000ポイント(=1,000マイル相当)プレゼント
継続ボーナス:翌年度以降、毎年カードを継続するたびに1,000マイル
ANAグループでの利用:ANAグループでのカード利用はポイント1.5倍
ANAカードマイルプラス:ANAのショッピングα提携店でのカード利用は、ポイントとは別にマイル(100円につき1マイル)も自動精算
搭乗ボーナスマイル:通常のフライトマイルに加え、+10%分のマイルをボーナス

■ ANAカードマイルプラス
対象商品や店舗でお支払いの際、ANAカードを利用すると、クレジットカード会社のポイント移行で得られるマイルとは別に、100円につき1マイルまたは200円につき1マイルが自動的にANAマイレージクラブの口座に積算されます。

■ ANAカードファミリーマイル
家族のマイルを合算して貯められます。フライトマイルやショッピングマイルなど、家族バラバラに貯まってしまったマイルを合算できるので、特典航空券との交換が効率良くなります。 合算できるANAカードファミリーマイルとは、日本在住のANAカード(クレジット機能付)会員及びその家族(ANAカード個人会員)で、生計を同一にしかつ同居する配偶者及び一親等以内の家族が対象です。

■ 空港ラウンジ
ハワイ・ホノルル国際空港とソウル・仁川空港、国内27空港で空港ラウンジサービスを無料で利用できます。 AMEXが他のカードと大きく違うのは、同伴の方1名まで無料で利用可能です。
空港ラウンジの詳細はこちらを参照ください。

■ 手荷物無料宅配サービス
海外旅行からの帰国時に、空港から自宅までスーツケース1個を無料配送(成田空港、中部国際空港、関西国際空港)
海外旅行体験記「手荷物宅配無料サービス」も参考下さい。

■ 空港クロークサービス
乗継便の待ち時間等に、空港内手荷物預かり所にてお荷物やコート等を無料で預けられます。(中部国際空港、関西国際空港)

■ グローバル・ホットライン
海外旅行先でのレストランのご予約や医療機関の紹介を、24時間日本語で対応。通話料無料またはコレクトコールで連絡できます。

■ ANAカード特集
ANAカードの詳細や特徴を提携ブランド別にまとめてみました。こちらのコンテンツもぜひ参考にしてみて下さい。
ANAカード完全ガイド

ポイントのお得な使い方

獲得したポイントは、マイル移行コース(6,300円/年)に参加していないと、有効期限が無期限になりません。 ですが、ポイント有効期限は翌々プログラム年度末日まではあるので、マイル移行コースに3年に1度登録しておけば良いということでもあります。 毎年6,300円払うのがもったいないと思われる方は、登録・解除を繰り返す事で節約することが可能になります。

ANAアメリカン・エキスプレス・カードの違い
カード名 ANAアメリカン・エキスプレス・カード ANAアメリカン・エキスプレス
ゴールド・カード
券面 ANAアメリカン・エキスプレス ANAアメリカン・エキスプレス・ゴールド
年会費 7,560円(税込) 33,480円(税込)
海外旅行保険 3000万円
利用付帯
1億円
条件付き自動付帯
国内旅行保険 2000万円
利用付帯
5000万円
利用付帯
キャンセル・
プロテクション
×
ポイント移行コース参加費 6,300円 無料
入会ボーナスマイル 1,000マイル 2,000マイル
継続ボーナスマイル 1,000マイル 2,000マイル
搭乗ボーナスマイル +10%マイル +25%マイル
ANAグループでの利用 ポイント1.5倍 ポイント2倍
空港ラウンジ
エアポート送迎サービス ×
トラベル・サービスデスク ×
手荷物無料宅配サービス
エアポート・ミール ×

公式サイト・お申込みはこちら

基本情報
入会資格 20歳以上、定職がある方
年会費 初年度 7,560円(税込)
2年目以降 7,560円(税込)
ETCカード 無料 ※新規発行手数料:1枚850円+消費税
家族カード 初年度 2,700円(税込)
2年目以降 2,700円(税込)
発行期間 約3週間 - 4週間
利用可能枠 個別設定
支払方法 1回払い/ボーナス一括/分割払い/リボ払い
金利/手数料 分割払い 11.90%
リボルビング払い 11.90%
キャッシング -
ポイントサービス サービス名称 ANAアメリカン・エキスプレス メンバーシップ・リワード
有効期限 -
ポイント付与 100 円 = 1 ポイント
ポイントレート 1000ポイント → 1000円相当
還元率の目安 1%
空港ラウンジ 対応状況 対応空港一覧表
プライオリティ・パス -

海外・国内旅行傷害保険、ショッピング保険
海外旅行傷害保険
(限度額)
付帯条件 利用付帯
死亡・後遺障害保障 最大3000万円
傷害治療費用 100万円
疾病治療費用 100万円
賠償責任 3000万円
携行品損害
[自己負担額]
30万円 (1旅行中)
[ 3,000円 ]
救援者費用 200万円
家族特約 あり
家族特約の対象 配偶者、生計をともにする親族
国内旅行傷害保険
(限度額)
付帯条件 利用付帯
死亡・後遺障害保障 最大2000万円
入院費用(日額) 0円
通院費用(日額) 0円
手術費用 0円
(手術の種類に応じて1万円×倍率)
家族特約 あり
家族特約の対象 配偶者、生計をともにする親族
ショッピング保険
(限度額)
年間保証額
[自己負担額]
200万円
[ 10,000円 ]
補償期間 90日間
補償対象 カードで購入した商品

発行会社
会社名 アメリカン・エキスプレス・インターナショナル,Inc.アメリカン・エキスプレス・インターナショナル,Inc.
所在地 〒167-8001 東京都杉並区荻窪4丁目30番16号
設立 1917年
登録番号 関東財務局長(8)第00405号
発行カード アメリカン・エキスプレス 一覧

△ページ上部へ戻る