クレジットカード付帯の海外旅行保険は必要か?

今回はクレジットカードに付帯する海外旅行保険について。 クレジットカード会社は、カードスペックの差別化としてクレジットカードに海外旅行保険を付帯させている事があります。 年会費無料のクレジットカードであっても、顧客獲得の為に付帯させています。 もちろん付帯していない事の方が多いので、付帯しているカードは必然と人気が高くなっています。

保険についての詳細は「知らなきゃ損する海外旅行保険」で説明しておりますが、簡単におさらいすると、 旅行代金をカードで支払う事で保険が適用される「利用付帯」と、何もしなくても勝手に保険が適用される「自動付帯」があります。 自動付帯の方が利便性がよく人気もあるのですが、付帯条件はクレジットカードによって違うので、選ぶときには気をつけなければなりません。

では、大手保険会社が提供する保険サービスと比較して、クレジットカード付帯の保険は見劣るのでしょうか。 保険会社が提供する人気の保険は、傷害・疾病の治療費上限を1000万円で設計してあります。 海外では、盲腸の手術で400万円請求されるなんてことが普通にありますので、確かに1000万円の補償額は安心です。 反対に、クレジットカードの場合だと、傷害・疾病の補償額は200万円で設定している場合が多いです。 これだと、大きな怪我や病気で手術を要する場合、いささか不安が残ります。 ですが、この問題に関しては、先ほど紹介した「知らなきゃ損する海外旅行保険」の通り、他のクレジットカードの保険と合算することで対応できます。

上記の方法にて、足りない補償額の問題を解決することはできますが、「何枚もクレジットカードを作るのは面倒で管理もできない」という意見もあります。 保険会社を利用する場合は、必要とする保険を旅行の際に申込みするだけで、簡単に得られるからです。 どちらを選ぶかは、金額面での違いも重要な要素となります。

クレジットカードは、カード自体に保険が付帯されていますが、保険会社を利用する場合は、旅行の都度、申込みをしなければなりません。 そして、渡航先や日数、人数によって保険料が変わってきます。例えば、5日間の旅行だと、一人2000円~5000円が必要となります。 この金額を家族分となると、少し考え方も変わってくるのです。

保険なんていらないという人もいますが、無料のクレジットカードで保険が適用されるのであれば、持つに越したことはありません。 また、どちらか一方という考えではなく、クレジットカードの保険と、保険会社に加入する保険を組み合わせて利用しても良いのです。

最期に、もう1つ考えなければならないのは、最強のクレジットカードというのは存在しないという事です。 保険の補償額が高くて、ポイントの還元率も良くて、色々なサービスを受けられる。というカードは年会費も非常に高いですし、突き詰めていくと全てが優秀というカードはありません。 それであれば、普段利用するのは、ポイントがお得に貯まる高還元クレジットカードにし、旅行保険は、専用の自動付帯のクレジットカードを複数持っておくといった、使い分けが一番賢い方法です。

話の結論としては、無料で保険が付帯しているのに越したことは無いという事と、手厚い補償が欲しい場合は保険会社の補償と組み合わせれば良いという事です。 必要最低限の保険があればという方にとって、クレジットカードに付帯していることは、非常に有難いサービスだと言えます。 数多くのクレジットカードが存在していますので、目的に合わせて組合わせて利用してみては、いかがでしょうか。

△ページ上部へ戻る